西日本遊園地ランキング: 絶対行きたい人気スポットを一挙紹介!

【PR】この記事はプロモーションを含みます

目次

西日本遊園地ランキングのうち絶対に行きたい遊園地テーマパークをご紹介

皆さん、こんにちは。2023年も半ばに差し掛かり、これからの楽しい予定を計画している方も多いのではないでしょうか。今回は、西日本エリアで絶対に行きたい遊園地テーマパークの最新ランキングをご紹介します。この記事であなたの次の旅行計画に役立つ情報を見つけてくださいね。

  1. 2023年の西日本エリアでの人気の遊園地テーマパークのランキング
  2. 各遊園地の主要な特徴や魅力
  3. 訪問者の口コミや体験に基づく評価やアドバイス
  4. 各遊園地での特別なイベントやサービスの情報

ランキング5位から1位までの発表

さて、ドキドキのランキング発表です。

5位 東映太秦映画村(京都)

5位には、東映太秦映画村(京都)がランクイン!東映太秦映画村(京都)の特徴と見どころを紹介します

東映太秦映画村は、まるで時代劇の中に入り込んだかのような体験を提供する、京都にあるユニークなテーマパークです。映画のセットがそのまま公開されており、江戸時代の風情が色濃く残された街並みを歩くことができます。

特徴と見どころ

時代劇のセット:

ここには多くの映画やテレビドラマのセットがあり、まるで時代劇の世界に迷い込んだかのような感覚を楽しむことができます。特に人気は、江戸時代の街並みを再現したエリアで、侍や町人たちが賑わう様子を体感できます。

体験型アトラクション:

刀剣を使ったアクション体験や忍者の訓練を体験できる「忍者の里」、そして、お子様が楽しめる「仮面ライダーショー」など、さまざまな体験型アトラクションが充実しています。

衣装体験:

さらに、江戸時代の衣装に身を包んで街を散策することもできます。侍や町人、芸者や大奥の姫など、多彩な衣装から選ぶことができます。

口コミ

ユーザーの口コミでは、とくに「まるで時代劇の世界に入り込んだ感覚が楽しめる」「衣装を着て街を散策するのが楽しい」「子供が喜ぶアトラクションが多い」といった声が多く聞かれます。ただ、アトラクションによっては追加料金が必要なことや、土日は混雑することもあるため、時間と費用を事前に確認してから訪れると良いでしょう。

以上、東映太秦映画村の魅力をお伝えしました。一日中楽しむことができるこのスポットは、家族連れや友人と訪れるのにピッタリです。時代劇好きなら一度は訪れておきたい、そんな場所です。

4位 東条湖おもちゃ王国(兵庫県)

東条湖おもちゃ王国は、兵庫県に位置する、子供から大人まで楽しむことができる大規模なアミューズメントパークです。自然豊かな環境の中で、さまざまなおもちゃやアトラクションを楽しむことができます。

特徴と見どころ

おもちゃの王国:

名前の通り、おもちゃに囲まれた楽園といえるこの施設は、知育おもちゃから人気キャラクターのおもちゃまで、子供たちが夢中になれるアイテムがいっぱいです。また、おもちゃを使ったワークショップも開催されています。

アトラクション:

大型のアトラクションから乗り物、スポーツ施設まで、さまざまなアトラクションが揃っています。一日中遊ぶだけでなく、体を動かして楽しむこともできます。

自然と触れ合う:

東条湖のほとりに位置するこのパークは、自然に囲まれていて、四季折々の風景を楽しむことができます。また、バーベキューやピクニックも楽しめます。

口コミ

ユーザーの口コミでは、「子供が一日中遊べる」「自然が豊かでリフレッシュできる」「家族で楽しめる施設が多い」といった声が聞かれます。ただし、施設内は広大なので、歩きやすい服装と履き物がおすすめされています。また、混雑時にはアトラクションの待ち時間が長くなることもあるため、早めの到着や平日の訪問がおすすめとの声もあります。

以上、東条湖おもちゃ王国の魅力をお伝えしました。自然の中で遊び、学び、体を動かす。そんな素敵な時間を、ぜひ家族や友人と一緒に過ごしてみてください。

3位 日本モンキーパーク(愛知県)

日本モンキーパークは、愛知県に位置する、サルに特化したユニークな動物園です。ここでは、サルとの直接のふれあいを楽しむことができ、サルの生態や行動について深く学ぶことが可能です。

特徴と見どころ

サルとのふれあい:

日本モンキーパークの最大の魅力は、なんといってもサルとの直接のふれあいです。日本だけでなく世界各地から集められた約60種類のサルが飼育されており、自由に動き回る彼らと触れ合うことができます。

サルの生態学習:

パーク内には、サルの生態や行動について学べる施設も充実しています。解説員によるガイドツアーや展示パネルなどを通じて、サルの魅力をより深く理解することができます。

アトラクション:

さまざまなアトラクションが揃っており、特にサルショーは見逃せません。サルたちの巧みな技や、彼らの知能を見ることができます。

口コミ

ユーザーの口コミでは、「サルとのふれあいが楽しい」「子供が動物を学べる良い場所」「サルショーが見応えがある」などの評価が多いです。しかし、エサをあげる際やサルと接する際は注意が必要で、パークの指導に従うことが強調されています。

以上、日本モンキーパークの魅力をお伝えしました。動物好きなら、ここでしか味わえないサルとのふれあいをぜひ体験してみてください。家族連れや友人との楽しい一日にピッタリのスポットです。

2位 鈴鹿サーキット(三重県)

三重県に位置する鈴鹿サーキットは、国内外のモータースポーツファンにとっては欠かせない存在のレースコースです。しかしその一方で、レース観戦だけでなく、様々なアミューズメント施設も充実しているため、家族連れでも一日楽しむことができます。

特徴と見どころ

国際的なレースコース:

鈴鹿サーキットは、F1やMotoGPなど、国際的なモータースポーツレースの舞台として知られています。その雄大なコースと、熱い戦いが繰り広げられる様子は、観ているだけで興奮します。

モータースポーツ体験:

レース観戦だけでなく、自らモータースポーツを体験することも可能です。カートレースやオフロード体験など、モータースポーツの醍醐味を味わえます。

アミューズメントパーク:

モータースポーツに興味がない方でも楽しめるよう、豊富なアトラクションがそろったアミューズメントパークも併設されています。乗り物や遊具、さらにはプールやスパなど、様々な施設で一日中楽しむことができます。

口コミ

ユーザーの口コミでは、「レースの迫力がすごい」「自分でもモータースポーツを体験できるのが楽しい」「子供も楽しめる施設がある」といった声が見受けられます。ただし、レースの開催日は混雑するため、事前に予約や準備をして訪れることが推奨されています。

以上、鈴鹿サーキットの魅力をお伝えしました。モータースポーツの興奮と、アミューズメントを一度に味わえるこの場所は、家族や友人と訪れるにはぴったりのスポットです。モータースポーツファンはもちろん、それ以外の方も楽しめる内容となっています。

1位 ひらかたパーク(大阪府)

大阪府に位置するひらかたパークは、昔ながらのアミューズメントパークの雰囲気を残しつつも、新しい魅力を追加し続けている楽しい遊園地です。ここでは、レトロな雰囲気と現代の楽しさが融合した特異な体験が待っています。

特徴と見どころ

レトロな雰囲気:

昭和の風情を色濃く残すひらかたパークは、一歩足を踏み入れると時代を遡ったような感覚に包まれます。そのレトロな雰囲気が、訪れる全ての人々にノスタルジックな体験を提供します。

多彩なアトラクション:

レトロな雰囲気の中にも、様々なアトラクションが満載です。ジェットコースターや観覧車、アドベンチャーライドなど、家族連れや友人と楽しむのに最適です。

季節のイベント:

ひらかたパークは、季節ごとのイベントも盛りだくさんです。ハロウィンやクリスマス、春のお花見など、訪れるタイミングによって異なる楽しみ方があります。

口コミ

ユーザーの口コミでは、「子供が楽しめるアトラクションが多い」「昭和の雰囲気が良い」「季節ごとのイベントが面白い」といった評価があります。一方で、「混雑時は待ち時間が長くなる」、「早めにチケットを購入するとお得」などのアドバイスも見られます。

以上、ひらかたパークの魅力をお伝えしました。レトロな雰囲気と様々なアトラクションが融合したこのパークは、一日中楽しむことができます。訪れるタイミングによって異なる楽しみ方があるのも、ひらかたパークの魅力の一つです

西日本遊園地ランキングの番外編

南知多ビーチランド&南知多おもちゃ王国(愛知県)

愛知県に位置する南知多ビーチランド&南知多おもちゃ王国は、ビーチとおもちゃ、二つの異なる要素が融合した独特なアミューズメントパークです。海と遊びを一度に楽しむことができるこのスポットは、家族連れにとって理想的な遊び場です。

特徴と見どころ

美しいビーチ:

南知多ビーチランドの最大の魅力は、美しい海辺のロケーションです。砂浜と青い海が広がるビーチは、泳いだり、日光浴を楽しんだりするのに最適です。

おもちゃ王国:

ここには、子供たちを喜ばせる多彩なアトラクションが豊富に揃っています。遊具やおもちゃ、ワークショップなど、一日中遊べる施設がそろっています。

イルカショー:

南知多ビーチランドのもう一つの大きな見どころは、イルカショーです。訓練されたイルカたちの華麗なパフォーマンスは、大人も子供も楽しむことができます。

口コミ

ユーザーの口コミでは、「子供が一日中楽しめる」「ビーチが綺麗で、イルカショーも見応えがある」などの評価があります。また、「混雑時は待ち時間が長い」、「平日に訪れると比較的空いている」などのアドバイスも見受けられます。

以上、南知多ビーチランド&南知多おもちゃ王国の魅力をお伝えしました。海と遊びが一度に楽しめるこの場所は、家族や友人との楽しい一日にピッタリのスポットです。一日中遊び続けられる施設と、美しい海辺の風景が待っています。

サファリリゾート姫路セントラルパーク(兵庫)

兵庫県姫路市に位置する姫路セントラルパークは、日本最大級のサファリパークとして知られています。動物たちとの距離が非常に近く、野生動物と直接触れ合う機会を提供している点が特徴です。

特徴と見どころ

日本最大級のサファリパーク:

姫路セントラルパークは、約120種、1,200頭以上の動物たちが暮らしています。車やバスで敷地を巡り、ライオンやトラ、チーターなどと目と目で会うことができます。

動物とのふれあい:

サファリエリア以外にも、ふれあいエリアがあります。カンガルーやウサギ、ヤギなどの動物たちと触れ合うことができます。また、動物の飼育員体験も可能で、動物たちへの理解を深めることができます。

アミューズメント施設:

動物とのふれあいだけでなく、様々なアミューズメント施設も用意されています。ジェットコースターや観覧車、そしてウォータースライダーなど、一日中楽しむことができます。

口コミ

ユーザーの口コミでは、「動物との距離が近くて驚く」「子供が大喜び」「アミューズメント施設も充実していて、一日楽しめる」といった声が多く聞かれます。ただし、「動物へのエサやりは別料金」「混雑時は待ち時間が長い」といったアドバイスもあります。

以上、姫路セントラルパークの魅力をお伝えしました。野生動物とのふれあいと、充実したアミューズメント施設が一度に楽しめるこの場所は、家族連れにとって特別な一日を過ごすのにぴったりのスポットです。

グリーンランド(熊本県)

熊本県に位置するグリーンランドは、九州最大級の遊園地として親しまれています。豊富なアトラクションとイベントで一日中楽しむことができる、この遊園地の魅力を紹介します。

特徴と見どころ

多彩なアトラクション:

グリーンランドでは、80種類以上のアトラクションが楽しめます。ジェットコースターや観覧車から水族館、子供向けのアトラクションまで、幅広い年齢層に対応した遊び場所が揃っています。

光と音のショー:

夜になると、パーク全体がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれます。さらに、定期的に開催される音と光のショーは必見です。

季節のイベント:

グリーンランドでは、季節ごとに様々なイベントが開催されます。クリスマスやハロウィンなどのイベントは特に盛大で、パークの雰囲気が一変します。

口コミ

ユーザーの口コミでは、「アトラクションが多くて一日中楽しめる」「夜のライトアップが綺麗」「季節ごとのイベントが楽しい」といった声が聞かれます。また、「平日に訪れると空いていて快適」「アトラクションの待ち時間が長い場合がある」といったアドバイスも見られます。

以上、グリーンランドの魅力をお伝えしました。多彩なアトラクションと豊富なイベントで、訪れる全ての人々に楽しい時間を提供しています。一度訪れると、その魅力に引き込まれること間違いなしです。

西日本遊園地ランキングについて総括

  1. 2023年の西日本エリアでの遊園地テーマパークの最新ランキングを紹介
  2. ひらかたパークは大阪府に位置し、レトロと現代の楽しさが融合した遊園地である
  3. 東条湖おもちゃ王国は兵庫県にあり、子供から大人まで楽しめる大規模なアミューズメントパークである
  4. 東条湖おもちゃ王国には知育おもちゃから人気キャラクターのおもちゃまで多数取り揃えている
  5. 東条湖のほとりに位置するため、四季折々の風景を楽しむことができる
  6. グリーンランドでは季節ごとに様々なイベントが開催され、特にクリスマスやハロウィンのイベントは盛大である
  7. 各遊園地はユニークなアトラクションや自然の美しさ、伝統的な体験を提供している
  8. 東映太秦映画村はランキング5位に位置している
  9. 東条湖おもちゃ王国はランキング4位に位置している
  10. ひらかたパークはランキング1位に位置している
  11. 各遊園地の口コミや特徴を基にランキングが決定されている
あきら

最後までお読み頂きましてありがとうございました。
ブログのランキング参加中です。
良かったらクリックして頂けると励みになります

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次