飛行機での充電器とコンセントの持ち込み:必要な知識と注意点

コンセント

【PR】この記事はプロモーションを含みます

目次

飛行機での充電器とコンセントの持ち込みについて

飛行機での長時間のフライトでは、スマートフォンやパソコン、タブレットなどの電子機器の電源を確保するために充電器の持ち込みが不可欠となります。しかし、その持ち込みには一定の制限が存在します。本記事「飛行機での充電器とコンセントの持ち込み:必要な知識と注意点」では、飛行機内でのデバイス利用に必要な充電器の種類、持ち込みの可否、そしてリチウム電池やリチウムイオン電池を使用する充電器の持ち込みに関する具体的な条件について詳しく解説します。これらの情報を理解し、適切な充電器の持ち込みを計画することで、安全かつ快適なフライトを楽しむことができます。

\ 格安航空券・LCC予約はおまかせ /

  1. 飛行機内での充電器とコンセントの持ち込みに関する基本的なルールと制限
  2. リチウムイオン電池を使用する充電器の持ち込みに関する具体的なガイドライン
  3. 各種デバイス(スマートフォン、パソコン、タブレット)の充電器やモバイルバッテリーの持ち込みについての詳細
  4. 充電器やモバイルバッテリーの選び方と安全な使用方法についてのアドバイス

飛行機内に充電器がなぜ必要なのか

飛行機内での充電器の必要性は、スマートフォンやパソコン、タブレットなどの電子機器の使用に直結しています。特に長時間のフライトでは、これらのデバイスの電源を確保するために充電器の持ち込みが不可欠となります。飛行機内には「シート電源」と呼ばれるコンセントが設置されており、これに自身の電子機器のケーブルを接続することで充電が可能です。シート電源には「ACコンセント」と「USB電源」の2種類があり、それぞれパソコンなどの多数の電化製品、スマホやタブレット、デジカメなどに対応しています。ただし、USB電源の場合、ケーブルは提供されていないため、各自でケーブルを持ち込む必要があります。また、充電器やモバイルバッテリーは手荷物として持ち込むことができますが、預け荷物に入れてしまうと、後で取り出す必要が生じることもあります。そのため、飛行機に乗る際は、これらの点を考慮に入れた上で、充電器の持ち込みを計画することが推奨されます。

低空飛行

充電器の種類と持ち込みの可否

飛行機内でのデバイス利用は、長時間のフライトでもエンターテイメントや仕事を続けるために不可欠です。そのため、スマートフォンやパソコン、タブレットなどの電化製品の充電器は、手荷物として機内に持ち込むことが可能です。しかし、その持ち込みには一定の制限が存在します。

充電器の持ち込みは、その種類とワット時定格量によって制限されます。リチウム電池やリチウムイオン電池を使用する充電器は、一定の条件下で持ち込むことが可能です。具体的には、リチウム含有量が2g以下のリチウム電池や、ワット時定格量が100Wh以下のリチウムイオン電池は、個数制限なしで持ち込むことができます。一方、ワット時定格量が100Wh以上160Wh以下のリチウムイオン電池は、2個までの持ち込みが許可されています。

充電器の預け入れは禁止

飛行機に充電器を預け入れることは、一部の例外を除き、禁止されています。特に、リチウムイオン電池を内蔵した充電器やモバイルバッテリーは、飛行中の衝撃で爆発や発火の危険があるため、預け入れ荷物には絶対に入れてはいけません。これらの充電器は、必ず手荷物として機内に持ち込む必要があります。ただし、コンセント式の充電器については預け入れ荷物に入れることが可能です。これらのルールは、飛行機の安全を確保するためのものであり、遵守することが求められます。

充電器の持ち込みを確認するポイント

充電器の持ち込みを確認する際のポイントは、その充電器がどのような種類のもので、そのワット時定格量がどれくらいであるか、という点です。これらの情報は、充電器やデバイスの取扱説明書や製品のパッケージに記載されています。また、リチウムイオン電池が内蔵されているかどうかは、「Li-ion」の表記の有無で確認できます。

具体的には、リチウム含有量が2g以下のリチウム電池やワット時定格量が100Wh以下のリチウムイオン電池は、個数制限なしで持ち込むことが可能です。一方、ワット時定格量が160Wh以下のリチウムイオン電池は2個までの持ち込みが許可されています。

また、衝撃を受けると爆発する恐れのあるリチウム電池やリチウムイオン電池は、衝撃を与えないようにしっかりと個別に保護しておくと安心です。具体的な注意点としては、電源を切る、ケースや衣類などの容器に入れておく、充電器の端末にテープ等を張り、絶縁状態にしておく、プラスチックの袋に入れておく、などが挙げられます。

しかし、日本で発売されているほとんどの電子機器類は上記のワット時定格量の数値以内に収まっています。そのため、基本的には持ち込みや預け入れが不可能なものはほとんど存在しないとは思います。ですが、今一度、持ち込む製品のワット時定格量の数値がどのくらいなのか確認しておきましょう。

飛行機内での充電器コンセント利用:具体的な持ち込み例

飛行機内での充電器利用について理解した上で、具体的な持ち込み例を見てみましょう。これらの例を参考に、自身のフライトで何を持ち込むべきかを考えてみてください。

\ 格安航空券・LCC予約はおまかせ /

スマートフォンやパソコンの充電器

スマートフォンやパソコンの充電器は、一般的にリチウムイオン電池を使用しており、そのワット時定格量が100Wh以下であれば、個数制限なしで持ち込むことができます。具体的には、iPhoneやアンドロイドの充電器、さらにはDellのノートパソコンの充電器などは、コンセントの金具の上にうっすらと100~240Vと記載されています。これは、これらの充電器が世界中で使うことができることを示しています。

また、モバイルバッテリーの選び方についても触れておきましょう。バッテリー容量が100Wh(約 27027mAh)以下のものを選ぶことが重要です。ただし、容量が少なすぎるものは避け、本体にバッテリー容量「Wh(ワットアワー)」の表記があるものを選ぶことが推奨されます。さらに、国の安全基準を満たしたPSEマークがあるものを選ぶことも大切です。これらのポイントを満たしている信頼できるメーカーの商品として、例えば「Anker PowerCore 10000」が挙げられます。このモバイルバッテリーはスマートICを搭載しており、接続した機器に適切な充電を行います。また、2.4Aと3.0Aに対応しているため、急速充電も可能です。

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーは、多くの人々がスマートフォンやタブレットなどのデバイスを使用する際に非常に便利なアイテムです。特に長時間のフライトでは、デバイスの電池が切れてしまうことは避けたいものです。そのため、モバイルバッテリーの持ち込みは、飛行機の旅行において重要な要素となります。

モバイルバッテリーの大部分はリチウムイオン電池を使用しています。これらのバッテリーは、ワット時定格量が100Wh以下であれば、個数制限なしで持ち込むことができます。市販されているスマホ用のモバイルバッテリーは、160Wh(約43243mAh)以下のものがほとんどで、かなり大きなバッテリーでなければ、160Whを超えることはないので、ほとんどの場合は気にしなくても大丈夫です。

しかし、ワット時定格量が100Wh以上160Wh以下のものは、2個までの持ち込みが許可されています。これは、リチウムイオン電池が発火するリスクを抑えるための規制です。

また、モバイルバッテリーは、その容量によって機内に持ち込みできるかどうかが判断されます。そのため、容量が不明なモバイルバッテリーは、その判断ができないため、機内へ持ち込むことができません。これらの情報は、モバイルバッテリーの取扱説明書や製品のパッケージに記載されています。

さらに、モバイルバッテリーはPSEマークのある信頼できる商品を選ぶようにしてください。PSEマークとは、国内の安全基準を満たした電気用品に表記されるマークで、モバイルバッテリーは、このPSEの取得が義務付けられています。

USBケーブル

USBケーブルは、電池を内蔵していないため、個数制限なしで持ち込むことができます。スマートフォンやパソコン、タブレットなどのデバイスを充電するために必要なアクセサリーです。また、USBケーブルはデバイスと充電器を接続するための重要な役割を果たします。そのため、旅行の際は必ず自身でUSBケーブルを持参しましょう。なお、USBケーブルを使用してデバイスを充電する際にデータが損失したとしても、航空会社は補償を提供していません。そのため、大切なデータを持つデバイスを充電する際には、事前にデータのバックアップを取ることをおすすめします。

充電式電池

充電式電池、例えばパナソニックのエネループなども、飛行機内への持ち込みが可能です。単三充電式電池の場合、1本あたりの容量はおおよそ2,000mAhとなります。この数値は、ワット時(Wh)に換算すると約2.4Whとなります。これは、航空会社が定める充電器やモバイルバッテリーの持ち込み制限である100Whをはるかに下回る数値です。そのため、特に制限なく持ち込むことができます。

ただし、充電式電池を持ち込む際には、その電池がどのような種類のものであるか、またそのワット時定格量がどれくらいであるかを確認することが重要です。これらの情報は、電池やデバイスの取扱説明書や製品のパッケージに記載されています。

また、充電式電池の中にはリチウムイオン電池を使用しているものもあります。これらの電池は、モバイルバッテリーなどと同様に、ワット時定格量が100Wh以下であれば、個数制限なしで持ち込むことができます。ただし、ワット時定格量が100Wh以上160Wh以下のものは、2個までの持ち込みが許可されています。

飛行機

\ 格安航空券・LCC予約はおまかせ /

飛行機での充電器とコンセントの持ち込みについての総括

  1. 長時間のフライトでは、スマートフォンやパソコン、タブレットなどの電子機器の電源を確保するために充電器の持ち込みが不可欠
  2. 飛行機内には「シート電源」と呼ばれるコンセントが設置されており、これに自身の電子機器のケーブルを接続することで充電が可能
  3. 充電器の持ち込みは、その種類とワット時定格量によって制限される
  4. リチウム電池やリチウムイオン電池を使用する充電器は、一定の条件下で持ち込むことが可能
  5. 飛行機に充電器を預け入れることは、一部の例外を除き、禁止されている
  6. 充電器の持ち込みを確認する際のポイントは、その充電器がどのような種類のもので、そのワット時定格量がどれくらいであるか
  7. USBケーブルは、電池を内蔵していないため、個数制限なしで持ち込むことができる
  8. 充電式電池、例えばエネループなども、飛行機内への持ち込みが可能
  9. スマートフォンやパソコンの充電器は、一般的にリチウムイオン電池を使用しており、そのワット時定格量が100Wh以下であれば、個数制限なしで持ち込むことができる
  10. モバイルバッテリーの大部分はリチウムイオン電池を使用しており、ワット時定格量が100Wh以下であれば、個数制限なしで持ち込むことができる
  11. モバイルバッテリーは、その容量によって機内に持ち込みできるかどうかが判断される
  12. モバイルバッテリーはPSEマークのある信頼できる商品を選ぶようにする
あきら

最後までお読み頂きましてありがとうございました。
ブログのランキング参加中です。
良かったらクリックして頂けると励みになります

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次