新幹線でキャリーケースは足元におけるのか?取扱工夫でストレスフリーな移動を実現する方法

スーツケース

【PR】この記事はプロモーションを含みます

目次

新幹線でキャリーケース足元の取り扱い

  1. 新幹線に乗車する際の私的なスペース内での荷物の置き方の一般的な慣習。
  2. 新幹線の足元スペースのサイズと、それに合わせたスーツケースの大きさの関係性。
  3. JR東海の足元収納のガイドラインと、そのサイズ制限。
  4. グリーン車の足元スペースの特徴や、大型スーツケースを持ち込む際の利点と注意点。

旅行の際、多くの人はスーツケースを持ち歩きます。特に、新幹線を利用するときは、スーツケースを車内でどのように扱うべきかが重要な問題となります。これは、新幹線の車内スペースが限られており、混雑時には十分なスペースが確保できないことがあるためです。この記事では、新幹線に持ち込めるスーツケースの大きさ、スーツケースを置くことが可能なスペース、そして混雑時のスーツケースの扱いについて詳しく解説します。これらの情報を活用して、新幹線での旅行をより快適に、そしてよりマナーを守った形で行うことができます。

新幹線に持ち込めるスーツケースの大きさ

新幹線で許容される荷物のサイズは、縦・横・高さの合計が250cm(ただし長さは2mまで)、重さが30kg以内のものが原則です。これはJR全体のルールであり、スーツケースについても同様に適用されます。これだけの大きさのスーツケースはなかなか存在しないかもしれませんが、例えば2つの30kgの荷物を持ち込むことは可能です。ただし、そのような大きな荷物を持ち込むと、新幹線車内での荷物の置き場所に困る可能性があります。

スーツケースを置くことが可能なスペース

新幹線車両内には、荷物を置くためのスペースがいくつかあります。最も一般的なのは座席の上の荷物棚で、80L程度のスーツケースなら置くことが可能です。また、特定の車両では座席の後部に荷物を置くことができるスペースがあり、これは予約により使用可能となります。ただし、これらのスペースは数に限りがあるため、混雑時には確実に荷物を置けるとは限りません。

スーツケース

混雑時のスーツケースの扱い

新幹線が混雑しているとき、大型のスーツケースを持ち込むことは他の乗客にとって迷惑となります。特に金土日や祝日、GWやお盆、年末年始などのピーク期は特に混雑します。そのような場合には、前もって荷物を送る、または必要最小限の荷物だけを持ち込むという配慮が求められます。また、荷物を置けなくなった場合には、足元に置くことも可能ですが、これは通路をふさがないように配慮が必要です。

特定の座席の予約を利用したスーツケースの持ち込み

新幹線の旅行は、快適さと効率性を求めるものです。そのため、自分の持ち物やスーツケースの扱いについても適切に計画を立てることが求められます。特に、スーツケースをどのように新幹線内で持ち込むかは重要な課題となります。しかし、一部の座席では特殊な予約が可能となっており、それを利用することでスーツケースを持ち込むことが容易になる場合があります。この記事では、新幹線内の「車両最後部座席」、「特大荷物スペースつき座席」、「車イス対応座席」の予約と利用について詳しく解説します。これらの情報を活用して、新幹線での旅行をよりスムーズに行いましょう。

車両最後部座席の予約と利用

新幹線の車両最後部座席は、他の座席よりもスペースが広く取られているため、大きなスーツケースを持ち込むのに適しています。これらの座席は特に指定席になっており、予約することで利用することができます。また、この座席には背面に荷物を置くことができるスペースがあります。ただし、混雑時や予約がいっぱいの場合には利用できないこともあるため、早めの予約がおすすめです。

「特大荷物スペースつき座席」の予約と利用

新幹線での旅行はさまざまな便利さを提供していますが、「特大荷物スペースつき座席」や「特大荷物コーナーつき座席」の利用は特に大きな荷物を持ち込む際に重要な機能となります。これらの座席は、特大荷物を安全に持ち込むことが可能で、旅行中の快適さを高めるだけでなく、安全性にも貢献します。

「特大荷物」とは、3辺の合計が160cm超250cm以内のお荷物のことを指します。これは国際線航空機で貨物室に有料預入となるサイズに相当しますが、航空会社により異なる場合があります。この大きさの荷物を持って旅行される際には、「特大荷物スペースつき座席」または「特大荷物コーナーつき座席」の事前予約が必要となります。この事前予約をしないで特大荷物を持ち込むと、1,000円の持ち込み手数料が発生します。

ただし、スポーツ用品、楽器、車いす、ベビーカーなどのサイズに関わらず、事前の予約は必要ありません。また、荷物のサイズが3辺合計で250cm以上の場合は持ち込みが不可となります。

「特大荷物スペースつき座席」と「特大荷物コーナーつき座席」は、荷物のサイズや形状に応じて選べます。「特大荷物スペースつき座席」は車両最後部の座席に位置しており、座席後ろのスペースを荷物置場として利用できます。対して「特大荷物コーナーつき座席」は、対象座席の最寄りのデッキ部に荷物置場が設けられています。ただし、「特大荷物コーナー」は上段と下段があり、それぞれ利用できるサイズが異なるため、適切なサイズを選んで予約する必要があります。

これらの情報を頭に入れて、安心して新幹線旅行を楽しみましょう。特大荷物を持ち込む際には、事前の計画と準備が重要です。新幹線では、お客様の安全と快適な旅行を最優先に考えています。

車イス対応座席の予約と利用

「車いす対応座席」とは、車いすを使用するお客様を特に考慮して設けられた座席で、新幹線や在来線の特急列車には、これらの座席をご用意している列車があります。具体的には、東海道・山陽新幹線のN700S型の11号車に、車いす対応座席と特別なスペースが設けられています。

具体的には、「11B-112B-13B」の車いすスペースでは、車いすから座席に移ることも、車いすのままで乗車することも選択可能です。また、「11E-12E-13E」の車いすスペースは、車いすのままでの乗車専用となっています。

対象となる列車は、東海道・山陽新幹線の「のぞみ」で、対象座席は11号車の13番A席、B席、そしてE席です。この座席を利用するための予約は、乗車日の1ヵ月前から(10:00)または28日前(5:30)から可能です。ただし、13番E席の予約は2022年6月25日(土)ご乗車分から始まります。

11号車13番B席は車いすご使用のお客様、11号車13番A席は介助のお客様のための座席となっています。また、11号車13番A席、B席、E席以外の車いす対応座席を希望する場合、または車いすを使用するお客様が2名以上の場合は、駅の窓口やお電話での申し込みが必要となります。

予約方法は通常のスマートEXの予約方法と同じで、ご希望の列車を選択した上で予約を行います。これはスマートフォンからもパソコン・アプリからも行うことができます。これらの情報を頭に入れて、安心して新幹線旅行を楽しみましょう。

新幹線

新幹線でキャリーケースを足元に置く際の注意点

新幹線に乗車する際、各乗客に許された私的なスペース内で荷物を置くことが一般的です。特に長時間の旅では、手荷物やスーツケースの位置によって乗車体験が大きく変わることもあります。しかし、乗車時に荷物を適切に配置するためには、足元のスペースについての理解、スーツケースの大きさと足元のスペースの関係性、そしてJR東海の足元収納のガイドラインの認識が必要となります。この記事では、これらの要素を詳しく解説し、安心して快適な旅を楽しむためのヒントを提供します。

足元のスペースについて

新幹線の足元スペースについて理解するため、まずはそのサイズについて把握しましょう。車両によって多少異なりますが、一般的な新幹線の普通車のシートピッチは約1060mm、シートの奥行きは約550mm程度です。これにより、足元の奥行きは約50cm、シート幅は43cm程度あります。つまり、約50×43cm程度のスペースに自分の「足と荷物」の両方が入るなら、足元に荷物を置くことができます。ただし、実際には足元に置ける荷物の大きさの限界は、幅40cm、奥行き30cm程度と見ておきましょう。

スーツケースの大きさと足元のスペース

新幹線に持ち込める荷物サイズは、そのタテ・ヨコ・高さの合計が250cm以内で、最長辺が2m以下である必要があります。ただし、スポーツ用品や楽器などは2mを越えるものでも、車内で立てて携帯できる場合、専用の袋やケースに収納してあれば持ち込むことが可能です。例えば、スキー用品やサーフボードなども新幹線に持ち込むことは可能です。なお、持ち込める荷物の重さは30kg以内で、2個まで持ち込むことができます。

JR東海の足元収納のガイドライン

JR東海では、座席の足元にも荷物を置くことができます。そのサイズは利用者の体格にもよりますが、おおむね25cm×40cm×55cm程度の荷物であれば、置くことが可能です。ただし、グリーン車の足元はフットレストなどがあり、普通席よりゆったりとしていますが、足元に荷物を置きにくい点があります。この点も旅行計画時には注意が必要です。

新幹線

グリーン車の利用と大型スーツケースの持ち込み

新幹線の旅をより快適にする選択肢の一つに、グリーン車の利用があります。より広い座席と豪華な内装、個々の座席で使用できる電源など、グリーン車は普通車よりも快適性を追求した設計になっています。この記事では、特に大型スーツケースを持ち込む際のグリーン車の利点に焦点を当て、具体的な利用方法や注意点について詳しく解説します。具体的には、足元のスペースの広さ、後部座席の利用、そして「特大荷物スペースつき座席」との比較について説明します。

グリーン車の足元スペースの利点

グリーン車の足元スペースは普通車に比べて広く、ゆったりとした空間が提供されています。これは特に長時間の移動や大型スーツケースを持ち込む際には、一層の快適性を提供します。足元にスペースがあると、旅行者は自分の荷物を確認したり、出し入れがしやすくなります。ただし、フットレストなどが設置されているため、荷物を置く際には注意が必要です。

グリーン車の最後部座席の利用

また、グリーン車の最後部座席を利用すれば、より大きな荷物を持ち込むことも可能です。最後部座席は背後に通路がないため、荷物を座席の背後に置くことができます。これは特に大型スーツケースを持ち込む旅行者にとっては便利です。ただし、この方法を利用する際には、他の乗客に迷惑をかけないように、荷物が通路にはみ出さないよう注意しましょう。

グリーン車と「特大荷物スペースつき座席」の比較

そして最後に、「特大荷物スペースつき座席」とグリーン車とを比較すると、荷物の持ち込み可能な大きさや利用シーンによって適した選択肢が変わることがあります。「特大荷物スペースつき座席」は、その名の通り特大の荷物を収納するためのスペースが確保されており、通常の座席よりもはるかに大きな荷物を持ち込むことができます。しかし、その一方でグリーン車の座席は、より広い足元スペースと豪華な内装、個々の座席で使用できる電源など、旅の快適性を重視する旅行者にとっては魅力的な選択肢となります。そのため、旅行の目的や持ち込む荷物の大きさによって、適切な選択肢を選びましょう。

マナーとルール遵守の重要性

新幹線を利用する際には、ルールとマナーの遵守が不可欠です。特に荷物の持ち込みについては、適切な配慮と知識が求められます。新幹線車内では多くの人々が共有するスペースを利用するため、自分だけでなく他の乗客に対しても配慮することが大切です。この記事では、新幹線での荷物の持ち込みについての問題点、ルール、そして旅行者のマナーについて詳しく解説します。その上で、どのようにしてこれらの問題を避け、より良い旅行体験を得ることができるかについて説明します。

通路やデッキへの荷物の放置の問題

新幹線車内での荷物の放置は、大きな問題を引き起こす可能性があります。特に通路やデッキに荷物を置くと、他の乗客の移動を妨げ、事故のリスクを高めます。また、車両の揺れや急停止により、荷物が転倒し、乗客に怪我をさせる可能性もあります。したがって、通路やデッキに荷物を置くことは避け、指定された荷物置き場や自分の足元など、適切な場所に荷物を置くように心掛けましょう。

新幹線車内での大型荷物の持ち込みルール

新幹線に大型の荷物を持ち込む際には、一定のルールが定められています。まず、持ち込むことができる荷物は、高さ、幅、長さの合計が250cm以内で、重さは30kg以内でなければなりません。さらに、特定の大きさ以上の荷物を持ち込む場合には、事前に予約が必要となります。ルールを遵守しないと、罰金が科される可能性があるため、旅行前には必ず確認しましょう。

旅行者のマナーの意識とその必要性

最後に、旅行者自身のマナー意識が重要です。新幹線は公共の場であり、多くの人々が同じスペースを共有しています。そのため、自分だけでなく他の乗客にも配慮した行動が求められます。荷物を適切な場所に置く、座席をきちんと使用する、他の乗客に迷惑をかけないよう注意するなど、基本的なマナーを守ることで、自分だけでなく他の人々も快適に旅行することができます。

新幹線

新幹線でキャリーケースを足元に置くことについての総括

  1. 新幹線に乗車する際、乗客は私的なスペース内で荷物を置くことが一般的である。
  2. 足元のスペースについての理解は、乗車体験を向上させるために重要である。
  3. 一般的な新幹線の普通車のシートピッチは約1060mm、シートの奥行きは約550mmである。
  4. 足元の奥行きは約50cm、シート幅は43cm程度である。
  5. 新幹線に持ち込める荷物サイズは、そのタテ・ヨコ・高さの合計が250cm以内、最長辺が2m以下である。
  6. 新幹線車両内には、荷物を置くためのスペースがいくつか存在する。
  7. 座席の上の荷物棚は、80L程度のスーツケースを置くことが可能である。
  8. グリーン車の足元スペースは普通車より広く、ゆったりとした空間が提供されている。
  9. グリーン車の最後部座席を利用すれば、大きな荷物を持ち込むことも可能である。
  10. 「特大荷物スペースつき座席」と「特大荷物コーナーつき座席」は、荷物のサイズや形状に応じて選択できる。
  11. 新幹線では、お客様の安全と快適な旅行を最優先に考えている。
あきら

最後までお読み頂きましてありがとうございました。
ブログのランキング参加中です。
良かったらクリックして頂けると励みになります

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次