当日の新幹線料金は高くなるの?!理由と節約テクニックを徹底解説

新幹線

【PR】この記事はプロモーションを含みます

目次

新幹線の当日券の価格は高くなるのか?

新幹線の利用は日本人にとっては日常の一部であり、とりわけ旅行や出張に欠かせない移動手段です。しかし、新幹線の利用料金について深く知る人は案外少ないのではないでしょうか。特に、「当日券」というと何となく「高そう…」と感じてしまう方も多いでしょう。そこで今回は新幹線の当日券にフォーカスを当て、「新幹線の当日券の料金とは?」、「早期予約と当日券の料金比較」、「新幹線当日券の価格が高くなる理由」について徹底解説していきます。新幹線を利用する際の参考にしていただければ幸いです。

\ JR6社全国対応 /

  1. 当日券は需要と供給のバランスで価格が変動。
  2. 混雑する時間帯や日は価格上昇。
  3. 座席の限定性が価格を影響。
  4. 乗車時期による3つの価格時期が存在。

新幹線の当日券の料金とは?

新幹線の当日券の料金は、利用する列車の種類、座席の種類、そして乗車する区間によって異なります。例えば、東海道新幹線の場合、「のぞみ」の料金(普通車指定席・グリーン車)が最も高い一方で、「ひかり」「こだま」の料金は少しだけ安く設定されています。具体的には、東京から名古屋までの差額は約210円、東京から新大阪、あるいは新大阪から博多までの差額は約320円です。なお、一般的に大人の場合、東京から新大阪までの当日自由席の料金は約14,000円、指定席の場合は少し高く約14,500円程度が目安となります。「のぞみ」が最も速い列車ですが、それだけに料金も高くなる傾向にあります。このように、新幹線の利用料金は様々な要素によって決まりますので、利用時にはそれぞれの条件を考慮して最適なチケットを選ぶことが大切です。

早期予約と当日券の料金比較

新幹線の利用料金を節約するためには、早期予約が一つの手段となります。しかし、その割引率はどれほどなのでしょうか。そして、それは本当に得なのでしょうか。今回は具体的な例をもとに、新幹線の早割と当日券の料金を比較してみましょう。

例1. 東京-大阪

東海道新幹線を利用して東京から大阪へ向かう場合、エクスプレス予約やスマートEXの「早特」を利用すると、「のぞみ」の利用料金が通常の14,720円から「EXのぞみファミリー早特」で12,570円、「EX早特21」では11,200円にまで割引されます。宿泊費用(6,500円)を含めた往復のトータルコストを見てみると、通常券を利用した場合の35,940円に対して、「EXのぞみファミリー早特」では31,640円、さらに「EX早特21」では28,900円にまで下がります。更には、新幹線とホテルのパックプランを利用すると、なんと約26,500円とさらにお得になります。

例2. 東京-仙台

次に、東北新幹線を利用して東京から仙台へ向かう場合を見てみましょう。「お先にトクだ値」を利用すると、「やまびこ」利用料金が通常の11,410円から30%割引の7,610円、35%割引の7,070円と大幅に割引されます。往復と宿泊費用(7,300円)を合わせた合計料金を比較すると、「お先にトクだ値35」を利用すると21,440円で、新幹線パックプラン(23,500円)よりもお得になります。ただし、パックプランは2人以上の場合には20,900円とさらに安くなるため、旅行の人数によって最適なプランは異なります。

例3. 博多-新大阪

最後に、山陽新幹線の博多から新大阪への旅を見てみましょう。「スーパー早特きっぷ」を利用すると、通常の15,600円が10,480円と大幅に割引されます。往復と宿泊費用(6,000円)を合わせた合計料金を比較すると、通常券の37,200円に対して「スーパー早特きっぷ」を利用すると26,960円となります。しかし、新幹線とホテルのパックプランを利用すれば、さらにお得な26,800円となります。

このように、早割が確かに料金を抑える効果はありますが、宿泊を伴う場合には新幹線とホテルのパックプランが最もお得になるケースが多いです。ただし、旅行の人数や宿泊の有無、予定の固定度などによって最適な選択肢は変わるため、それぞれの条件を考慮してプランを選ぶことが大切です。

新幹線当日券の価格が高くなる理由

新幹線の当日券の価格が高くなる主な理由は、需要と供給のバランスから来ています。新幹線は、日本全国を結ぶ重要な交通手段であり、特にビジネスや観光の旅行者にとっては欠かせない存在です。そのため、混雑する時間帯や日にちは予約が集中し、座席が限られるために当日券の価格が上昇します。また、当日券は予約が不要であるため、急な予定変更にも対応できるという利点があります。この利便性を求める利用者が多いことも、当日券の価格が高い一因となっています。

新幹線の料金設定: 指定席と自由席の違い

新幹線を利用する際の選択肢として、指定席と自由席があります。これらはそれぞれ異なる特徴と料金設定があり、利用者の旅行のスタイルやニーズによって選び分けることが求められます。自由席はその名の通り自由に座ることができる席で、出発時間直前でも購入することができます。一方、指定席はあらかじめ特定の席を予約し、確実に座れることが保証される席です。各々には利点と欠点がありますので、個々の特徴を理解した上で自分の旅のスタイルに最適な選択をすることが重要となります。本章では、「自由席の料金と特徴」、「指定席の料金と特徴」を詳しく解説し、その違いについて明らかにします。最後に、「指定席と自由席、どちらを選ぶべきか?」という問いに対する視点を提供します。

自由席の料金と特徴

自由席は、事前の予約なしに座席を選ぶことができる形態の席です。一部の新幹線や区間では提供されていないこともありますが、多くの場合、指定席よりも少し安価で利用することができます。特に、混雑していない時間帯や日には、自由に好きな席を選んで座ることができるため、気軽に利用できるというメリットがあります。ただし、ピーク時や休日などは席が確保できない可能性もあるため、そのリスクを理解した上で利用する必要があります。

指定席の料金と特徴

指定席は、あらかじめ席を確保しておくことができる形態の席で、利用者は購入した座席を確実に利用することができます。これは長距離移動や、混雑する時間帯、特にピーク時や祝日などに利用する際には非常に便利です。ただし、指定席は自由席よりも少し高価で、また、購入後の変更やキャンセルが制限されることもあります。しかし、予定が固定されていて確実に座りたい場合には最適な選択肢といえるでしょう。

指定席と自由席、どちらを選ぶべきか?

指定席と自由席、どちらを選ぶべきかは、個々の旅行のスタイルや状況に大きく依存します。自由席は費用を抑えつつ、ある程度の自由度を享受したい方に適しています。一方、指定席は安心感と確実性を求める方、または予定が確定していて、混雑を避けたい方に適しています。そのため、自分のニーズと状況をよく考え、どちらが最適かを選ぶことが大切です。

新幹線の乗車時期による料金変動: 通常期・繁忙期・閑散期

新幹線の利用料金は乗車時期によって変動することがあります。具体的には、「通常期」「繁忙期」「閑散期」の3つの時期に分けられ、それぞれに対応する特急料金が設定されています。これを「シーズン別特急料金」と呼びます。最繁忙期は通常期に対して400円の上乗せ、繁忙期は200円の上乗せ、一方で閑散期は200円の引き下げとなるのが一般的な原則です。ただし、このシーズン別特急料金は指定席(グリーン席、グランクラス含む)にのみ適用され、自由席には繁忙期や閑散期といった区別はありません。本章では、各時期の新幹線料金の詳細と、それぞれの特徴について詳しく説明します。

通常期の新幹線料金

通常期の新幹線料金は、年間を通しての基準となる料金設定です。繁忙期や閑散期の料金は、この通常期の料金を基に上乗せや引き下げが行われます。具体的な料金は、乗車する区間や座席のクラス(普通車、グリーン車、グランクラス)によりますが、これが新幹線の基本料金となります。また、自由席でも指定席でも、通常期の料金は同じです。

繁忙期の新幹線料金

繁忙期の新幹線料金は、旅行需要が高まる期間(例えばゴールデンウィークやお盆、年末年始など)に適用される料金です。繁忙期の料金は、通常期の料金に対して200円増しとなります。これは、需要が

多くの人が移動する繁忙期は、供給が需要を追いつかないために席の確保が難しくなります。したがって、特急料金が上乗せされることにより、席の需要と供給のバランスを調整する役割があります。

閑散期の新幹線料金

一方、閑散期の新幹線料金は、通常期の指定席特急料金から200円引きとなります。これは旅行需要が低下する期間(例えば、学校の長期休暇が終わった直後など)に適用されます。旅行需要が低いこの期間に、少しでも新幹線を利用しやすくするための施策と言えるでしょう。

ただし、シーズン別特急料金は一部の列車には適用されません。通年同額の特急料金を適用している列車(例:JR北海道内の在来線や新たな着席サービスを提供している特急列車等)や、JR各社とまたがって運転する在来線特急列車(例:〔しなの〕、〔サンライズ出雲〕〔サンライズ瀬戸〕〈ノビノビ座席〉など)については、シーズン別の指定席特急料金の設定はありません。

また、九州新幹線を東海道・山陽新幹線から乗り継いで利用する場合、最繁忙期は通常期の特急料金に800円増し、繁忙期は400円増し、閑散期は400円引きとなります。このように、新幹線の料金は乗車する列車や区間、そして時期によって異なるため、事前に詳しく調べておくことが重要です。

新幹線の料金は当日高くなるのか?割引サービスとその活用方法

新幹線は、速さと便利さから多くの人々に利用されていますが、その料金は高くつくこともあります。しかし、様々な割引サービスを活用すれば、新幹線の料金を抑えることも可能です。本記事では、EX早特とEX早特21ワイドの利用方法、往復割引の適用条件と注意点、そしてその他の割引サービスと節約のコツを詳しく解説していきます。これらの情報を活用し、賢く新幹線を利用してみてください。また、割引乗車券や株主優待券、団体割引、そして回数券といった特別な割引制度についても触れていきます。さらに新幹線と宿泊施設のパックツアーを比較することで、さらなる節約を実現する方法も紹介します。

\ JR6社全国対応 /

EX早特とEX早特21ワイドの利用方法

新幹線を利用する際、一つ目の節約策として「EX早特」と「EX早特21ワイド」を活用する方法があります。これらはインターネット予約専用の割引券で、指定の時間帯に新幹線を利用することで割引が適用されます。利用方法はJR東日本の予約サイトから手続きを行い、決済を完了するだけで、通常料金から最大で35%オフとなります。

往復割引の適用条件と注意点

二つ目の節約策として「往復割引」があります。これは、特に事前の申し込みなどは不要で、手軽に安く新幹線のチケットを購入することができます。片道の営業キロが601キロ以上であれば、「ゆき」「かえり」の運賃がそれぞれ1割引になります。具体的な例としては、東京⇔岡山間の場合、片道の運賃10,670円が1割引の9,603円になります。ただし、往復割引は適用条件があるため、その詳細と注意点を把握して利用しましょう。

その他の割引サービスと節約のコツ

新幹線をより安く利用するためには、さまざまな割引サービスを活用すると良いです。ここでは、その他の割引方法と、新幹線利用時の節約のコツについて詳しく説明します。

学生割引:

大学生や専門学校生などの学生は、学生割引を利用することができます。新幹線のチケットを購入する際に、学生証を提示すると一定の割引率で購入できることがあります。詳細は、各JR会社のホームページや窓口でご確認ください。

株主優待券:

JR各社の株を保有していると、一定の期間に株主優待券が送られてきます。これを利用すると新幹線のチケットを一定の割引で購入することができます。ただし、利用できる列車やクラス、期間に制限があるので、詳細は優待券に記載されている条件をご確認ください。

団体割引:

一定人数以上での旅行には、団体割引が適用されることがあります。大人数での旅行は、一人当たりの運賃を大幅に下げることができるので、大型の家族旅行や修学旅行、社員旅行などにはとても便利です。

回数券:

頻繁に特定の区間を利用する方は、回数券の購入を検討してみてください。これは一定の回数、新幹線を利用できるチケットで、通常よりも割安に設定されています。特に通勤や通学で新幹線を利用する方にとっては大変便利なサービスです。

これらの割引サービスを利用することにより、新幹線の運賃を大幅に節約することが可能です。また、前述の時間帯や期間による運賃変動、前売り券の利用、ホームページでの予約、定期券の購入などの節約のコツを活用すれば、さらにお得に新幹線を利用することができます。各種割引や節約のコツを上手に活用し、旅行や出張をより楽しく、経済的に進行してください。

新幹線の当日券をお得に利用する方法

新幹線の当日券をお得に利用するための方法についてまとめます。

まず、旅行の日程が柔軟な場合、混雑が予想される時間帯や曜日を避けると、通常よりも安価な運賃で利用することが可能です。具体的には、通勤時間帯や休日を避け、平日の昼間など比較的空いている時間帯を選ぶと良いでしょう。

次に、当日券売り場にはキャンセルが出た席や、あまり人気のない席が比較的安価で販売されることがあります。これは”立ち席”や”自由席”といった特定の座席指定のない席である場合が多いです。また、特に早朝や深夜などの時間帯は利用客が少ないため、割引率が高くなることもあります。

さらに、一部の新幹線では、当日の利用客数に応じて運賃が変動する「動態価格制」を導入しています。需要が低い時間帯や列車には割引が適用されるため、運賃を節約できる可能性があります。

また、学生割引や団体割引、株主優待券など、利用者の状況に応じて利用できる割引もあります。これらを活用すると、大幅に運賃を節約することが可能です。

最後に、回数券の購入もお得な方法と言えます。頻繁に特定の区間を利用する方は、これらの券を利用すると、一回あたりの運賃が割安になります。

以上の方法を活用すれば、新幹線の当日券をお得に利用することが可能です。ただし、割引サービスは時期や列車により異なるため、事前に各JR会社のホームページや窓口で詳細を確認しておくことをお勧めします。

新幹線

\ JR6社全国対応 /

新幹線の料金は当日高くなるのかについて総括

  1. 新幹線の当日券の価格は、利用する列車や座席、乗車区間によって異なる
  2. 「のぞみ」の料金は「ひかり」「こだま」よりも高い
  3. 早期予約を利用すると新幹線の利用料金を節約できる
  4. 当日券の価格が高くなる主な理由は、需要と供給のバランスに起因する
  5. 混雑する時間帯や日にちは予約が集中し、座席が限られるため価格が上昇する
  6. 当日券は予約不要で、急な予定変更にも対応できる利便性がある
  7. 新幹線の指定席と自由席は異なる特徴と料金設定がある
  8. 自由席は事前予約なしで座席を選べるが、ピーク時には席が確保できないリスクがある
  9. 指定席は事前に特定の席を予約し、確実に座れることが保証される
  10. 新幹線の利用料金は乗車時期によって変動することがあり、「通常期」「繁忙期」「閑散期」の3つの時期がある
  11. 一部の新幹線では、当日の利用客数に応じて運賃が変動する「動態価格制」を導入している
あきら

最後までお読み頂きましてありがとうございました。
ブログのランキング参加中です。
良かったらクリックして頂けると励みになります

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次